他店との差別化を図れる店舗集客の新提案

売り上げUPの店舗集客メソッド~口コミで話題の店になるには~
HOME » 購買モデルで考えた集客率を高める方法

購買モデルで考えた集客率を高める方法

5つの目的から考える、失敗しないための店舗集客方法

このカテゴリーでは、認知度/興味/検索/記憶/共有といった5つの視点に分類して、集客率を向上させるための方法を紹介しています。以下に詳細ページの概要をまとめてみましたのでご覧ください。

認知度を上げる(Attention)

店舗の集客施策としてチラシやDMというツールの有効性や実施に際して留意すべきポイントなどを紹介しています。これらのツールは店舗周辺の潜在顧客に対する認知度アップを目的とするのが基本で、そのためにすべきことや見込まれる効果なども合わせて解説します。

「認知度を上げる」について詳しくみる>>

興味を持たせる(Interest)

店頭ツールである看板やのぼり、そして店舗の空間づくりに大きく影響する内装デザインなどを通じて、潜在顧客に興味を持ってもらうことの意義や効果をまとめてみました。特に新規来店客を呼び込むためには最初のきっかけづくりが重要で、いかにして自店に対する興味を持ってもらうかが集客施策のポイントとなります。

「興味を持たせる」について詳しくみる>>

検索させる(Search)

詳細ページでは店舗の公式ホームページや、飲食情報を集約したグルメサイトといったインターネット上での集客施策について紹介しています。ネットに掲載した情報は検索サイトなどで表示されなければユーザーにリーチできないので、ホームページづくりの基本や専門サイトの活用方法などをまずは理解しておきましょう。

「検索させる」について詳しくみる>>

記憶に残す(Memory)

店舗にとってリピーターを増やすことは経営の安定化に大きく寄与するため、次も足を運んでみたくなる施策が欠かせません。そのために必要となるのが、来店客の記憶に残るような独自メニューやサービス、そして内装デザインなどによる空間演出。他店との差別化となる工夫のポイントなども紹介します。

「記憶に残す」について詳しくみる>>

共有してもらう(Share)

ネット施策の中でもSNSや口コミなど、ユーザーによる情報共有や拡散を集客に結びつける方法などをまとめてみました。ユーザー間で共有したくなるような店舗の魅力とはどういったものか、投稿されやすい要素の傾向なども紹介しています。

「共有してもらう」について詳しくみる>>

ページの先頭へ