他店との差別化を図れる店舗集客の新提案

売り上げUPの店舗集客メソッド~口コミで話題の店になるには~
HOME » 購買モデルで考えた集客率を高める方法 » 興味を持たせる(Interest)

興味を持たせる(Interest)

このページでは、通行人の目を引くための集客方法として、看板やのぼりの効果やコツなどを紹介します。例えサービスや商品が優れたものであっても、それが客側の興味を引くものでなければなかなか集客にはつながりません。逆にいえば、興味を引くようなコミュニケーション手法をとることこそ、来店モチベーションにつながるわけです。

3つの意図を持って作成・設置すべき看板やのぼりによる集客

看板やのぼりといった店頭ディスプレイも店舗集客に欠かせないツールですが、その役割も明確な目的を意図して設置する必要があります。これには以下の3つの意図を持って作成・設置することが重要です。

通行人の目を引く
雑居ビルの上階や郊外のロードサイドなどは看板が遠めからも目に付くかどうかが認知に大きく影響します。進行方向に対して直角に設置するのが基本で、店名よりは何の店かがわかるように業種業態を優先してください。また、文字の可読性も重要で、繁華街でもロードサイドでも移動しながらはっきり読める文字サイズなどに配慮してください。

ショップアイデンティティを打ち出す
店舗のメニューやサービスをビジュアルで見せるという意味で写真を使うのも今や常道。料理ならシズル感を打ち出すのに質感の高い写真が一番。また、業種業態をイメージさせるカラーリングも重要で、医療関連だと明るい青や緑をキーカラーにするのは清潔感を演出できるからです。

入店を促進する
わかりやすい点でいえば入口を意味する矢印を付けたり、照明などによって目立たせることも重要です。また、特売やキャンペーンなどをアピールする場合、入れ替えが容易なのぼりなどを使うと効果的です。

新規来店者をリピーターにする内装デザインによる集客

上で触れた看板は外観に関係しますが、実は店舗集客において内装デザインも非常に大きなウェイトを占めているのです。それは新規来店客であっても、公式サイトや各種媒体などで内観写真を目にする機会があり、店舗に行く客のほとんどは外観を見に行くのではなく、店内で目的を達するわけで、内観のイメージは興味を引く十分な要素になりますし、当然ながら一度来店した客にとってはより大きな意味を持ちます。

内装デザインで重要なことは2つあります。ひとつはデザインの統一性。内装やインテリアなどが店自体のコンセプトにマッチしていることは必須です。そしてもうひとつはオリジナルな付加価値があること。費用をかけた装飾である必要はなく、例えば人気のカフェならBGMの選曲がある種DJ並みにセンスがよく、それが客の共感を呼びリピートを醸成する結果につながるわけです。

興味を持たせるページ_アクアリウム事例
画像引用元:アクアリンク株式会社公式HP
http://www.aqualink.tv/03_04.html

インテリアの一種として、幅広いジャンルの店舗での導入事例が豊富で、わかりやすくオリジナリティを打ち出せるツールとしてはアクアリウムもおすすめです。購入する場合でも数万円からの導入が可能で、レンタルやリースも可能。そしてビジュアル的にインパクトがあり、看板やのぼりなどの販促ツールに写真を使うだけでなく、外から内部が見える構造の店舗なら、通りがかりにも目に止まる可能性が高まります。アクアリウムは水流や熱帯魚などの動的要素があり、照明装置によって空間演出にも利用できるので、他とは違う店として興味を持ってもらうのに極めて有効な手段。特に、写真要素で差別化しにくいクリニックやサロンなどは、内観のアクセントになること間違いなしです。

その他興味を引くアイディア

その他の興味を引くアイディアとしては、駅や電車内、店頭などさまざまな場所に設置できる「デジタルサイネージ」と呼ばれる手法や、店頭での直接販売などが挙げられます。

両者ともまったく異なる方法ではありますが、客の注目や関心を引くという点では欠かせない方法となります。

デジタルサイネージ
屋外や店頭、あるいは公共の空間などで、ディスプレイなどの表示機器を使って情報を発信するシステムをデジタルサイネージと呼びます。

文字だけのもの、静止画、動画など商品特徴などに合わせてさまざまなデジタル広告を打ち出すことが可能であり、施設の利用者、商品を探している人に対して端的かつ具体的に広告が行き届くとされ、紙媒体の広告に代わって広く利用されるようになりました。

店頭販売
店頭販売は、お客さんが実際に店内に入った時の販売方法のことです。店内での実演、あるいはデモンストレーション、試食や試飲、サンプルなどさまざまな付加価値を付けることができ、商品についても陳列方法などを工夫すれば、さらに集客のチャンスとなります。

飲食店の場合、店頭に出すメニューに合わせて集客率が変わる場合もあります。レストランによくある食品サンプルではなく、店内で実際に使われているメニュー表を置いたり、お店で人気の高いメニューを打ち出した広告を出すという方法もあります。

お店に入りやすい雰囲気を整えるだけではなく、どんな商品が売られているのか、何が魅力なのか、何について他店と差別化しているのかを分かりやすく打ち出さなければなりません。

上記で紹介した「デジタルサイネージ」は、ただのポスターや広告ではなく、街に溢れる多くの情報のなかで「動き」をつけることによって、他の商品やお店と差別化をすることができる手法です。

大きな看板やポスターなどは今や集客方法の定番ともなっていますが、それだけではなく、デジタルサイネージのようにTVを観ているような感覚で情報を発信することで、見る人にとって目新しさが生まれ、購入や集客につながりやすくなります。

一昔前までは、広告デザインの出来によって集客率にも影響を与えていましたが、今はインターネットやTVなどさまざまな媒体で動きのある情報を得る時代となっています。そこに即応するものがデジタルサイネージであり、他の広告ツールとは一線を画す集客手段と言えるでしょう。

デジタルサイネージ広告のポイントとしては、動きのある動画であること、なおかつ映像によって的確にアピールできるよう、限られた時間の中で端的に視聴者に訴えることです。印象的な効果音や音楽を使ったり、色彩による視覚効果をプラスするなどの方法もあります。

もう一つの「店頭販売」については、外装・内装だけを整えるのではなく、お客さんがお店に訪れた時に見る視覚的な部分に訴えるということが重要です。インテリアにこだわりすぎて、外に出す広告や店内の商品の陳列方法などに目が向かずに客を逃してしまうようであれば、とても残念です。

「このお店にしかない」と思われるような付加価値、独自性を打ち出していくことが、継続的な集客を見込むポイントであると言えるでしょう。

店頭販売のもっとも効果的な方法としては、お客さんが求めている商品がすぐに見つけられることです。商品を並べておくだけではシンプルすぎますし、ごちゃごちゃとした陳列ではかえって分かりづらく、商品への購入意欲が失われてしまいます。

客側の目線で見れば、「何がどこにあるのか一目で分かる」陳列がもっとも理想的です。「何度でも買いにこれる」という安心感も与えますので、商品の定位置を決めたり、逆に新商品の販売場所や販売方法を決めることも一つの集客効果を生み出します。

店内においては、照明や内装などインテリアに目が向きがちですが、目玉である商品についても魅力的に、わかりやすく見えるよう工夫をしておきたいところです。

ページの先頭へ