他店との差別化を図れる店舗集客の新提案

売り上げUPの店舗集客メソッド~口コミで話題の店になるには~
HOME » 購買モデルで考えた集客率を高める方法 » 記憶に残す(Memory)

記憶に残す(Memory)

このページでは、行ってみたい、また行きたいと思わせる集客方法として、内装への配慮や目玉メニューの開発に注目。見込める効果や導入のコツなどを紹介します。客側の記憶に残るような店は多くのリピーターに支えられて長く営業を続けることができるもの。やはり重要なのは他店との違いであり、それが長く愛される秘訣ともいえます。

店のコンセプトと顧客ニーズで考える、目玉メニューによる集客

これは飲食店に顕著なパターンですが、目玉メニューがあれば写真や動画で「一度食べてみたい」と思わせて新規来店を喚起して、「また来たい」と思わせてリピート客の確保にもつながります。これは他業種のサービスや商品も同様で、客を惹きつける要素があれば来店促進となり、それによって他の注文にもつながるという好循環を生み出すことにもなるわけです。

ただし、こうした目玉メニューや看板商品が簡単にできれば誰も苦労はしません。店側の思惑だけでこうした人気アイテムが生まれるわけではなく、店のコンセプトと周辺エリアのターゲット層のニーズにマッチした時、それは初めて目玉メニューとなります。飲食店を例にとると、インパクトのある価格設定の特別メニューをまず一品作ってみてください。赤字にする必要はなく、その反響次第で店頭POPやチラシ写真、ホームページなどにもそれを使ってみることです。こうして反響を見ながら少しずつ目玉メニューを増やしていくのが賢明で、闇雲に商品開発に没頭するより成功の可能性は高くなるでしょう。

来店客の記憶に残る特別な内装による集客

飲食店をはじめホテルやエステ、クリニックなど商品やサービスだけでなく空間演出が集客に影響するような業種業態の場合、店舗の内装デザインにも工夫が必要となります。例えば、大切な相手との記念日に選ぶレストランならメニューだけでなくインテリアや照明に凝った特別な空間の方が、より印象に残ります。子供を連れて行くクリニックなら医師の技術や人柄だけでなく、室内のカラーリングや待合室の備品なども気になるところでしょう。

記憶に残すページ_アクアリウム事例
画像引用元:アクアリンク株式会社公式HP
http://www.aqualink.tv/03_11.html

来店客の記憶に残るということは次の機会にも行ってみようというモチベーションにつながるので、自店のコンセプトに合わせつつ、より特別さを表せる内装デザイン要素をプラスすることも検討してみたいところです。

そこで注目したいのがデザイナーズ水槽とも呼ばれる最新のアクアリウム。いわゆる趣味の水槽とは違って、店舗のコンセプトやデザインに合わせた特注も可能で、有名ブランドのショップなどにも導入されています。

記憶に残すページ_アクアリウム事例
画像引用元:アクアリンク株式会社公式HP
http://www.aqualink.tv/03_12.html

壁に大型水槽を埋め込んだものやセンターテーブルと一体化した水槽などもあり、特に高級感を重視する店舗なら、空間演出の核としてアクアリウムを活用することもできます。

飲食店を例にとると、デートや合コン、記念日などの貴重な時間を過ごす空間として、特別な雰囲気を持つデザインの店ならしっかり記憶に残ると思います。デザイナーズ水槽は照明効果などもあり、幻想的な雰囲気づくりやゆらぎを感じさせるリラックス効果も得られるのが大きな特徴です。

ページの先頭へ