他店との差別化を図れる店舗集客の新提案

売り上げUPの店舗集客メソッド~口コミで話題の店になるには~

時計店・カーディーラー

時計のイメージ画像

時計店・カーディーラーの集客におけるお悩み解決方法を紹介しています。

最近話題の集客方法など、ちょっとしたひと工夫で集客率をアップできるノウハウをまとめました。

ぜひご参照ください。

 
 
 
 

集客の取り組みでこんなお悩みありませんか?

  • 来店・問合せの見込み客が売上に繋がらない。
  • 限られた販売促進予算を有効に活用したい。
  • 今までにない販売促進で店舗アピールを行いたい。

カーディーラー・時計店の集客が上手くいかない理由

自動車・時計などの高額な商品は、どんなにいい商品やサービスを扱っていても、何の情報もない「知らない店舗」からは購入してもらえません。そのため、多くの人々に「店舗を知ってもらう」のが基本です。まず、来店された方を「惹き付ける」店舗独自の魅力をアピールしましょう。

扱う商品のブランドイメージをアピールするだけでなく、競合他社に埋もれてしまわないためにも店舗デザインで差別化を図り、店舗自体のブランディング戦略を構築してターゲットとなる顧客の発掘につなげることが重要です。HPや雑誌、DMなどで、店舗の名前や場所などを知ってもらう工夫をしましょう。

集客向上には、来店しやすい店舗づくりも大切です。

時計や自動車のような比較的高額な商品を購入する顧客は、特別感をもって来店します。せっかく来店された顧客も、店舗のイメージが悪ければ購入に至りません。他店にはない魅力で店舗のファンを増やせば、それはそのままリピーターになってもらえるチャンスでもあるのです。

新規顧客だけでなくファンを増やしてリピーターを確保しなければ、利益率の向上も期待できません。ライバル店に先駆けて、しっかりと集客対策を始めましょう。

時計店・カーディーラー集客のコツ、基本はこの3つ

SNSのイメージ画像

【1.SNS編】Facebookを利用した効果的な集客方法

自動車や時計といった高額な商品の購入を検討している顧客は、経済的に比較的余裕のある男性・女性であると考えられます。30代から50代の利用者が多いFacebookならば、そうしたターゲットに直接アピールすることが可能です。
Facebook上にページを作成すれば、検索エンジン以外からの導線として、自社サイトへのアクセスアップが期待できます。時計店やカーディーラーの場合は、在庫情報を掲載して直接問い合わせを受ける事も可能。イベントの告知と参加受付を行ったり、写真や動画を使ってイベントレポートを作成するのも簡単です。社内の様子やスタッフ紹介などを掲載すれば、親近感のある来店しやすい企業ブランディングにも活用できます。もちろん、商品を使用したライフスタイルの紹介をすれば、ダイレクトに購入意欲を高めることも可能です。
自社のFacebookページのファンを増やせば、「いいね!」ボタンを介して購入した利用者の方、もしくは購入予定の知り合いなどより多くの方に拡散され、集客の可能性が高まります。「いいね!」が増えて自社に好感を持つユーザー同士のコミュニティが形成されれば、企業ブランドだけでなく扱う商材である自動車・時計などに興味・関心の高い顧客同士のコミュニケーションが行われることになり、さらに拡散性が高まります。

ネット広告のイメージ画像

【2.ネット広告編】ターゲットを絞り、継続してアピール

時計や自動車などは嗜好性が高い商品でもあるため、リスティング広告等のネット広告も有効です。
リスティング広告とは、YahooのスポンサードサーチやGoogleのAdWordsという広告配信システムを指します。検索キーワードと連動し、検索結果画面の上位枠の上に表示されるため、自社サイトの検索順位が芳しくない場合もユーザーへの露出が図れます。
広告料金はキーワードごとの入札形式で、あらかじめ設定した予算に合わせた広告配信が可能。ブランド名など特定のキーワードで検索するユーザーの興味・関心に合わせて出稿すれば、より購入意欲の高い顧客が獲得できます。

リターゲティング広告という、GoogleやYahooのパートナーサイトへバナーやテキスト広告を表示させる仕組みも利用できます。
一度あなたのサイトを訪れたユーザーが、検討中にサイトを離れてしまった…という場合でも、ユーザーが遷移した他サイトであなたのサイトの広告やバナーを表示することができます。
こうした複数回のリーチによって、ユーザーの購買欲を後押しし、成約率を高めることができるのです。

【3.DM編】ニーズごとに種類の使い分けを

高額商品を取り扱う店舗では、目的に合わせた効果的なDMを送付することが集客につながります。
セール・感謝祭などのイベントの告知は、わかりやすくインパクトのあるDMが効果的。例えば夏にうちわ形式のDMなど、形状を変えて配布すれば、手に取った顧客に開封する手間をかけず、印象に残る告知ができます。
すぐに購入に結びつくのがベターですが、実際に購入するタイミングは様々。見込み客の獲得のためにも、購買需要の高そうなターゲットに継続してリーチしておくことが大切です。

集客率UPの秘策。導入したことでブランディング向上に役立つものとは

水槽ひとつで来店数大幅UP!?の理由はコレ

  • 来店率・リピート率の大幅な向上が期待できる。
  • 他店との差別化を図ることができる。
  • 空間演出効果でより高い顧客満足感が期待できる。

高額商品を取り扱う店舗は相応の高級感や清潔感などが期待されますが、訪れた方へのインパクトや特別感を創出できれば、満足度はさらに向上します。

さらに同じ商品を取り扱う競合他社と店舗デザインで差別化できれば、優位性をアピールできるうえ店舗周辺での認知度向上も期待できます。

そこで、ブランディング向上のために「水槽」を利用した店舗デザインの事例をいくつか紹介します。

 

時計店・カーディーラーのアクアリウム導入事例
画像引用元:アクアリンク株式会社:http://www.aqualink.tv/set11.html
 
 
【ブランディング向上の立役者。あざとくない高級感】
第一にお願いしたのは、来店者様はもちろん、窓の外を通る人々の視線を釘付けにする「デザイン水槽」です。
 
店舗内装とのバランスを取りながらも高級感を高められるようにデザインしていただいたおかげで、ブランディング向上の効果を実感しています。
 
【商品と調和した緻密な設計。水槽の活用方法】
見栄えというよりは、商品に溶け込む自然なデザインをイメージして作成いただきました。
 
「お客様にのんびり時間をかけて商品を吟味してほしい」という思いを汲み取っていただき、暖かみのある木製の水槽台と、それを囲むような形でテーブルを配置しました。 
目論見通りの効果があり、足を止めて見に来てくださる方が多くなり、話題の糸口にもなる「機能とデザイン」を兼ね備えた水槽です。
 
【費用対効果バツグン!店舗に溶け込む自然な仕上がり】
正直な話、あまりコストは割きたくない、だけど何かインパクトが欲しい。そんな無茶な要望を親身に聞いて、積極的に提案をしてくれる。
 
そういった部分が導入したキッカケになり、今でもいいお付き合いをさせていただいています。まるで元々あったかのように自然で調和されたデザインをしていただき、お客様にも高評価です。コストをかけていないのに、安っぽさが出ていない。
 
アイキャッチとして、費用対効果が非常によく、本当に導入を決めてよかったと思っています。
カーディーラーのイメージ画像画像引用元:アクアリンク株式会社:
http://www.aqualink.tv/set11.html
 
【アイキャッチに有効活用!心に残る強烈なアイテム】
ご来店いただいたお客様に強い印象を残したい、ということで、入口正面と店舗中央部に配置し、360度どこからでも観賞できるような設計をしてもらいました。
 
水槽を取り囲むように商品をディスプレイし、水槽を軸に商品を見てもらうことで「商品×時計」という絶大なインパクトを与えることができました。
 
【有名ブランドを手掛けた実績と、緻密な設計・提案力】
新商品の防水性を強くアプローチしたく、ただ単に水に沈めるだけでは華がないと思い、水を使ったディスプレイに詳しいところを探していた時にアクアリンクさんに出会いました。有名ブランドを手掛けられただけあって、そのノウハウの多さににお任せすることを決めたんです。
期待したとおり、デザイン性に富んだ水槽の作製はもちろん、お客様の目線に合わせた台作りなど綿密に計算されていて、ただ作るだけではなく、こちらの意図をしっかり汲んでいただけていることが分かりました。
 

内装デザインを利用した効果的な集客方法とは?

 
 時計店・カーディーラーのアクアリウム導入事例
画像引用元:アクアリンク株式会社:http://www.aqualink.tv/detail02.html

近年店舗ディスプレイとして注目されているデザイナーズ水槽は、メルセデス・ベンツやレクサスといった高級車ディーラー、ミラノガガやタグホイヤーなど世界的時計ブランドのショップ展示にも採用されていて、見た目のインパクトで競合との差別化を図っています。

 

「今までいろんな集客方法を試してみたけど、あまり効果を感じられなかった…」と悩んでいる人は、一度検討してみてはいかがでしょうか?

今なら無料でお試しも可能!アクアリンクの公式HPはこちら>>

矢印

ページの先頭へ