他店との差別化を図れる店舗集客の新提案

売り上げUPの店舗集客メソッド~口コミで話題の店になるには~

クリニック

クリニックのイメージ画像

クリニックの集患における悩みとその解決策を紹介しています。

工夫一つで患者さんの満足度も上がり、集患数もアップしますので、ぜひご覧ください。

 
 
 
 

新規の患者不足・定着(リピート)率の低迷…こんなお悩みはありませんか?

  • 新規の患者さんが少ない
  • 患者さんの定着率が悪い
  • 子どもの患者さんが少ない
  • 競合クリニックが近くにあり、患者さんを取られてしまっている

クリニックの来院者数をアップさせるために必要なこと

集患・増患のための第一段階として、まずはクリニックの存在を認知してもらい、来院数をアップさせる必要があります。来院数アップのために、ホームページでの対策はきちんと行えているでしょうか。
ホームページがあるだけでは、新しい患者さんは来てくれません。患者さんがクリニックのホームページを見たときに「このクリニックだったら、安心して通えそうだ」と思えるコンテンツの準備が必須。
例えば、以下のような情報です。

・診察時間
・休診日
・最寄り駅からのアクセス
・クリニック内の雰囲気
・院長のあいさつ
・クリニックの方針
・診察の種類や方法

最低限これらの情報が揃っていれば、患者さんのニーズに応えることができるでしょう。

また、検索されやすい病名や地域の名称を入れるなどのSEO対策で存在を認知してもらいましょう。病院の情報をまとめたサイトなど、メディア関係への掲載を増やすことでもより多くの新規獲得へ繋がりやすくなります。

来院数を上げるためには、予約がしやすいかどうかもポイントです。インターネットからの予約管理システムは導入されていますか?患者数が少なかったりすると、そのシステムは不要と考えてしまいがちですが「予約ができないから待たされてしまうかもしれない」というイメージを患者さんが抱いてしまうと、それだけで来院してもらえない可能性が出てきます。それでも待ち時間がどうしても長くなってしまうようでしたら、患者さんが待ち時間を快適に過ごせる工夫も大切です。

待ち時間が再来院数を左右すると言ってもいいほど、患者さんは院内での待ち時間を気にします。雑誌などの読み物を充実させたり、待合室をリラックスできる環境にしたりといった、長い待ち時間による患者さんへの負担を軽減させる努力が必要です。
また、この際に幼少の患者さんに対する「飽きさせない」ための対策も取り組んでおきましょう。お子さん向けの絵本や退屈しないためのものがあると、その後の再来院に繋がってきます

クリニックを選ぶ基準の1つとして、院者の口コミや評判なども重要視されます。悪い口コミを書かれて患者さんを減らさないためにも、スタッフを含めて患者さんに丁寧に対応すること、クリニックの内装や外装を充実させることなど、患者さんが気持ち良く通えるクリニック作りを目指しましょう。

口コミで評判が広がれば、リピーターが増えるだけでなく自ずと患者さんの数は増えていきます。集患・増患のためにすぐにできることから本格的に取り組む必要があることまで、何ができていないかを改めて冷静に分析してみてください。集患・増患させるべきターゲットを絞り込み、実際に起こっている課題を把握しましょう。ターゲット層のニーズに合った施策を盛り込むと効果的です。

 

クリニックの集患・増患のコツ、基本はこの3つ

チラシ・DMのイメージ画像

【1.メディア戦略編】多くのユーザーの目に触れるメディア露出

クリニックにとって、ネット上の口コミは集患に欠かせない要素

医療関連専門の情報サイトはたくさんありますが、例えば『病院なび』は患者さんのコメントに対して医療機関側もコメントを返すことができます。まめにコミュニケーションをとることが大切で、いい意見も悪い意見にも誠実に対応していけば、口コミ情報が充実していきます。他のサイト閲覧者から見た際、信頼できるクリニックだという印象を与えることもできるでしょう。

また、医師やスタッフの人となりやクリニックの雰囲気を知ってもらうという意味では、ホームページだけでなくFacebookに代表されるSNSを大いに活用したいところ。SNSではオフィシャルな情報の他に、先生やスタッフの人柄が表れたような記事があると親近感を覚えやすく、内容がユニークであれば自然と拡散されて集客に繋がります

 
チラシ・DMのイメージ画像

【2.公式ホームページ編】定期的にホームページの内容を更新すること

今やクリニックなどの医療機関にホームページがあるのは当たり前ともいえますが、一般的な商業施設のホームページと比べると十分に活用していないケースも目につきます。よくあるのは情報が少なかったり、ほとんど更新されていなかったりといったもの。

また、PC専用のデザインになっていてスマートフォンやタブレットで見づらいといったことも課題となっています。

これらをクリアするためには、まずマルチデバイス対応のシステムを使うこと。これらはPC・スマホそれぞれに最適な見た目になるうえ、手軽に更新できる仕組みにもなっているので、専門分野の情報や患者に対するFAQなどを定期的に更新することをおすすめします。文章量が充実すれば、検索サイトでの表示順位がアップする可能性も高まるでしょう。

 

 

【3.院内編】快適な空間作りで他との差別化を

最近ではデザイン性の高い病院も増えてきていて、かつてのような「怖い場所」というイメージはだいぶ薄れてきています。

おしゃれなカフェのような内装の病院は、それだけで患者がリラックスできてリピート率が向上します。ただおしゃれなだけでなく、「この病院と言ったらコレ」というようなキーとになるインテリアがあれば、患者の印象に残りやすくなるのでオススメです。
また、キッズスペースを設けるなど親子で通院する事のできる病院も多く、そういった面でも内装は集客に大きく関係する要素だと言えます。

内装を大きく変える事は難しいですが、すぐにできる対策として電球を蛍光灯から明るいものに交換するなど、院内の雰囲気が変わる工夫はたくさんあります。まずは始められるところから内装にも工夫を加えていきましょう。

 

それでもダメなら…患者来院数22%UP・患者満足度84%UPの秘策とは?

集患・増患に大成功しているクリニック院長のお声をぜひお読みください。


美容室・エステサロンオーナーの画像
画像引用元:アクアリンク株式会社公式HP:http://www.aqualink.tv/voice.html

クリニックにアクアリウムの水槽を設置し、来院数と満足度が驚異的にアップした理由を伺いました。

なぜ、アクアリウムの水槽を導入しようと思われたのですか?

クリニックの問題点として、

1.待ち時間が長く、テレビや本だけではくつろげない。
2.内装が殺風景
3.キッズスペース対策

の3つが当初からありました。これらを解消するために、様々なアイディアをスタッフ全員で考えていたところ『たった1つの対策だけで全ての問題が解決できる』と力説するアクアリンクさんの社長が掲載されている雑誌記事を見て「アクアリウム水槽」の存在を知りました。『水槽はただのインテリアでもなければ、飼育箱でもない!』というアクアリンクさんの強い信念にとても興味をもち、気がついたら問い合わせていたんです。

 

水槽を導入してどのように変わりましたか?

美容室・エステサロンの導入事例
画像引用元:アクアリンク株式会社
http://www.aqualink.tv/detail01.html

院内の抱える問題点を解消するために、機能的なコンセプトを重視したうえで、清潔感と透明感のあるアクアリウム水槽を導入しました。

・魚の動きが楽しく飽きないので、待ち時間が気にならなくなった
・美しく存在感のある空間になり、とても綺麗な内装に生まれ変わった
・キッズスペースを水槽の横に設置したことで、子どもたちが水槽をジッと眺めて楽しんでいる。

という流れに一転して変わり、全ての問題が一気に解決したんです。
失礼な話になるかもしれませんが、こんな簡単なことで今まで抱えていた複雑な問題が解決するとは正直思っていなかったので、未だに驚いています

 

アクアリウムの業者選びの決め手は何ですか?

アクアリンクさんを選んだ第一の理由は、とにかくたくさんのクリニックでの納入実績があったこと。

次に、水槽をどのように導入すればたくさんの「変化」を起こせるのかのノウハウを、アクアリンクさんが沢山知っておられたからですかね。ただ水槽を置くだけではなく、どこにどのような水槽を置くのが適切で効果的かを詳細に説明してくれたのです。
私たちがやったのは、院内を見せて予算を伝えただけ。あとはすべてアクアリンクさんに安心して任せられました。あとは抜群のコーディネート力とクリニックが抱えている問題解決に向けて、あらゆる水槽の提案をしてくれました。

その提案力はもちろんですが、デザイン性も圧倒的に良かったです。すでにできあがっている内装の色に合うように水槽を作ってくれたり、患者様が座ったときの目線に合った高さで設計してくれたりと至れり尽くせりで。水槽の大きさはもちろん、中に飼育する魚も自由自在で、本当に導入して良かったと実感しています。

 

患者さんからの反響はどうですか?

クリニックって、来院した主婦の皆さんが評判を広めてくれるんですよ。

学校とか、近所とかでよいクリニックは話題になるんですよね。そのような話題の1つとして、アクアリウムの存在はかなり効果がありました。記憶に残るんでしょうね。

アクアリンクさんは、これまでの豊富な実績によって皆さんに喜ばれるアイディアやノウハウをたくさんお持ちです。主婦の口コミも好評。近所で話題にしてくれたり、お子さんを連れてきてくれたりと、お魚が泳ぐ綺麗なアクアリウム空間は、圧倒的に噂を広めやすいアイテムだと思います。

想定していなかった副産物もあるんですよ。それはスタッフ同士のコミュニケーションが飛躍的に高まったこと。実はこれが本当に嬉しい効果だったんですね。
皆で一緒に魚に名前を付けたり、交代でエサをあげたり、患者様だけでなく、スタッフみんなの「共通の楽しみ」になったんです。今ではスタッフのブログでお魚の様子を紹介したり、新しいお魚が水槽に加わったら、患者様に次の診察時にぜひ見に来てほしいと書き込んだりもしています。アクアリウムは今では本当になくてはならない存在ですので、他のクリニックにもおすすめできますね。

水槽サイズ:特注1,200×400×500H(mm) 海水魚水槽

患者様来院数:22%増

患者様満足度調査:84%増

水槽ひとつで来院数大幅アップの理由はこれ!

エステサロンのアクアリウム導入事例

画像引用元:アクアリンク株式会社:

http://www.aqualink.tv/detail01.html

  • 他のクリニックとの差別化を図ることができる
  • 待ち時間が長くても苦にならず、大人もお子さんも飽きさせない
  • アニマルセラピー効果も高く、医療としても役立っている
  • 来院数・再来院数の大幅向上が期待できる

クリニックの待合室の場合、広い空間にただ無機質にソファーが置かれているだけでは、患者様は待ち時間に疲れてしまいます。

アクアリウムという「動くインテリア」は、そこに「水辺がある」という非日常のインパクトを与え「魚達の動き」に興味と癒しを感じることができます。
ほんの少しの空間アレンジで、病院の集客は大きく異なると言われています。費用対効果をみても、水槽は非常にユニークな商材だといえますね。

 

今なら無料でお試しも可能!アクアリンクの公式HPはこちら>>

矢印

ページの先頭へ