他店との差別化を図れる店舗集客の新提案

売り上げUPの店舗集客メソッド~口コミで話題の店になるには~

老人ホーム

このページでは、脳の活性化も期待できる水槽の導入など、老人ホームの集客に役立つ4つの方法とその特徴などを紹介します。

専門サイトを利用した効果的な集客方法

老人ホーム選びは一般的に入居者本人ではなく子世代など家族が主体となって比較検討するもので、どの施設が本人にとってベストか容易に判断がつかない部分があります。そうした傾向もあって、老人ホームに関する専門サイトの中でも高齢者と施設とのマッチングを重視したサービスが注目を集めています。笑美面は担当者が各施設を訪問して取材した内容をもとに施設紹介をするもの。SUUMO介護には入居者や家族の評価などが反映されています。集客に利用するならこうしたサービスの方が、単なる施設情報サイトより施設側から見ても成約率が高まると思います。

公式ホームページを利用した効果的な集客方法

入居者の家族に情報を提供するという意味では公式ホームページのコンテンツを充実させることも必要です。上で触れた専門サイトなどで候補施設を絞り込んだとして、より具体的な施設選定をする際、ほとんどのヒトは公式ホームページをチェックします。そこで心掛けたいのが、サービス内容や運営企業の情報はできるだけ詳細に記載することで信頼性が高まります。入居者やその家族からのコメントをできるだけ多く掲載すれば、それらはサービス品質の高さのアピールにもつながるでしょう。

SNSを利用した効果的な集客方法

施設の雰囲気やスタッフの対応ぶりなどを知ってもらうという意味ではFacebookの活用をおすすめします。特に日本では高齢者の子世代がFacebookでつながっているケースも多いので、共感が拡散していくことも十分期待できます。その際、入居者のプライバシーにはきちんと配慮する必要がありますが、施設が行っている取り組みやイベントなどを紹介できると、施設の実態がリアルに伝わると思います。入居前に不安視するような点に応える投稿をすることも、成約へのフォローとなるでしょう。

内装品として水槽を利用した効果的な集客方法

老人ホームのアクアリウム導入事例
画像引用元:アクアリンク株式会社
http://www.aqualink.tv/03_01.html

老人ホームの内装設備として今注目されているのが水槽の導入です。ある高齢者施設では、水槽のテレビ映像と実物とを施設利用者に見せて行動観察したところ、後者の方が好奇心をより向上させるという検証を行っています。

また、水槽の観賞魚を観察することで脳内のヘモグロビン量が増加して、脳の活性化に役立つという実験結果もありますし、リラックス効果やストレス緩和効果なども含めて利用者の健康に水槽が好影響を与えるというわけです。

こうした結果は利用者とその家族の満足度も向上するので、間接的な集客効果が見込めるでしょう。実際、千葉にある高齢者施設は水槽導入によって入居者13%アップ、入居者満足度89%アップと集客効果が出ています。

ページの先頭へ