他店との差別化を図れる店舗集客の新提案

売り上げUPの店舗集客メソッド~口コミで話題の店になるには~

レストラン

レストランのイメージ画像

レストランの集客に必要な対策、今やるべき集客方法を紹介しています。

新規や固定客を掴みたい方は、ぜひ最後までお読みください。

 

レストランの集客でよくあるお悩み

  • 新規客が来ない
  • 固定客が増えない
  • お客さんは来るが売り上げが上がらない

レストランの集客が上手くいかない理由

チラシを配ったり、クーポン券を配布したりしたのに、思うように集客につながらないということはありませんか?集客が上手くいかないのは、その販促活動に原因があると考えられます。

ポケットティッシュ配布や新聞の折り込みチラシ、クーポン券の配布やチラシのポスティング、ポイントカードの発行と、販促手段はさまざま。ですが、どの販促活動も効果が得られなければ経営を圧迫するだけです。

大切なのは、目的やターゲットにあった適切な販促を行なうこと。特にターゲットを絞り込めば、販促の効果が高まります。例えば、実在するようなお客様像の特徴を掘り下げていく「ペルソナ・マーケティング」を取り入れているお店もあります。ターゲットを絞り込むことで、お客様が足を運びたくなるような具体的な販促ができるのです。

また、販促を行なう前に、店舗の体制をしっかりと整えることが大切です。お客様にお店に来ていただいても、接客態度や内装がひどく、悪い印象を与えてしまっては逆効果。そこで重要なのがお店づくりです。メニューや料理、店舗のレイアウトやスタッフの教育を見直し、他店との差別化を図る必要があります。特に店舗の内装にインパクトを持たせることが重要です。大手ショッピングセンターでも目を引くような巨大な水槽を設置することで話題になりました。記憶に残るような内装と素晴らしいサービスで、また来たいと思っていただけるようなお店にしましょう。

 

売り上げアップさせるには?

新規の顧客数を増やす

店舗の外観や内装、目玉料理など、他の店舗と違った魅力をアピールする必要があります。思わず来店したくなるような販促を行ないましょう。

顧客の平均来店数を増やす

何度もお店に足を運んでもらうためには、次回使えるクーポン券やポイントカードの発行などで常連客を増やす必要があります。定期的に通うことで得られるメリットがあることで、また来たくなるのです。

顧客の平均単価を上げる

他の店舗にはない独特な雰囲気づくりの徹底や行事ごとのイベント限定料理などを提供。特別な価格のメニューを用意すれば、顧客の平均単価を上げることができます。

レストランの集客の基本3つ

チラシ・DMのイメージ画像

【1.Web戦略編】Webを使った認知度向上の施策

ホームページを作成する

オリジナルのホームページは、お店の看板を出すことと同じくらい重要。自分で好きなときに更新ができ、自由に作成できるのが強みです。飲食店のホームページで求められているのは、最新の情報。ホームページを作っても、放置されたままでは意味がありません。お客様が知りたいのは、店舗や雰囲気、料理のメニューや金額、店舗の所在地や口コミでの評価など、常に更新されている最新情報なのです。しかし、飲食店のオーナーやスタッフで、ホームページをしっかりと作成する方は、まだそう多くありません。ですから、最新の情報が常に更新されているホームページを開設することで、他店との差別化が図れるのです。ホームページビルダーやWordPressなどのツールを使えば簡単ホームページを作成することができるので、まずは作り方を調べてみるのも良いでしょう。

メルマガ・DMの配信

店舗情報や割引情報などをメールで配信できるのがメルマガやDM(ダイレクトメール)です。メルマガはお店の会員として、登録していただいたお客様のメールアドレスに配信。登録してもらうことでお客様に、会員限定のサービスやお店の空席状況、イベント情報などをいち早く届けられるといったメリットがあります。最新情報を配信することで、メルマガを見た顧客の来店を促すことが可能です。一方、DMはお店の会員になっていなくても届くメール。しつこいと感じてDMの配信が来ないようにメールの設定をしている人もいますが、集客のツールとしては、まだまだ活用できます。

グルメアプリを活用する。

・食べログ

グルメ情報アプリのような大規模なポータルサイトを活用することで、個人のホームページでは太刀打ちできないほどの集客アップにつなげることができます。食べログは月間7,400万人が利用しており、お店選びには欠かせないツールの一つです。掲載されているレストランの数は約84万件と、日本最大級の店舗データベース。利用者からのリアルな口コミ投稿が約1,600万件と賛否両論あるのが特徴で、コミやレビューを参考に「お店選びで失敗をしたくない」と考えている人が主に活用しています。しかし、グルメ情報サイトにありがちなレビュー偽装問題が後を絶たないのが現状。店舗側の信頼に関わりますので、利用する際は注意が必要になります。

・ホットペッパー

ホットペッパーは、料理の割引クーポンを中心としたグルメ情報アプリです。掲載されている店舗のほとんどがクーポンを付けているのが特徴。利用者は20代女性が多く、全体的に若い女性に人気があるようです。週末のディナー時の利用率が高いので、お得なクーポンを発行するのも良いでしょう。ホットペッパーでは「幹事優遇制度」という、セッティングをしてくれた幹事に特典をプレゼントする取り組みも行っているので、団体のお客様に向けて情報を掲載するのも良いでしょう。

 
チラシ・DMのイメージ画像

【2.SNS編】リピート率を増やすためのSNS活用法

Facebook

Facebookで投稿されている口コミは実名なので、信ぴょう性が高く「いいね!」や「シェア」という機能で拡散が可能。公開の範囲の設定によって多少異なりますが、友達の友達にまで情報が届くというメリットもあります。世界で17億1,000万人が利用しており、年齢層は20~40代の男女と幅広く、実名制かつリアルな友人関係で構築されているのが特徴です。Facebookの基本データに店舗の所在地や営業時間、ホームページなどの詳細情報を掲載すれば、利用者が知りたい情報を一目で伝えることができるので便利。また、Facebookの写真投稿欄はカタログ代わりに使用できます。投稿した写真がまとめて表示されるので、過去ログから現在までの投稿を一読してから来店を決めてくれる可能性もアップ。店舗のFacebookページをいいね!やシェアで何らかの特典が受けられるようにすれば、どんどん拡散されてお店の認知度を高めることができます。いいね!やシェアを多く獲得したいのであれば、掲載する写真を工夫すること。思わずいいね!を押したくなるような料理の写真を、投稿する時間帯を考えて載せましょう。また、Facebookでクーポンを発行することも集客につながる有効な手段です。コストが全くかからないのが魅力ですね。

Instagram

Instagramは撮影した動画や画像をスポット選択して投稿でき、他のユーザーに公開することができます。位置情報やハッシュタグと呼ばれる検索ワードで、目的の場所や情報を絞り込むことができるのがとても便利と評判です。位置情報をつけて料理などを掲載すれば、一目で分かるメニューの代わりにもなります。流行に敏感な若い層から絶大な人気を得ているInstagramは、ハッシュタグや位置情報を辿って他人の投稿を見ることも可能。機能をかしこく使いこなしてお洒落な投稿を心がければ、確実に集客アップにつながるでしょう。

Twitter

Twitterが他のツールと違うところは何より「リアルタイム性」があることです。投稿時間やタイミングにも左右されますが、ノリに乗れば時には多大な拡散効果をもたらす可能性も。堅苦しい表現を使わずに、気軽につぶやけるのはTwitterならではの特徴だといえますね。しかし、時系列順に情報が次々と流れていくので、見逃されやすいのはデメリット。つぶやく際に店舗情報のリンクを一緒に掲載すると、さらなる相乗効果も狙えます。2014年度マクロミルの調査で、テレビを見ながらTwitterをやっている人の割合が5人に4人と判明。Twitter利用者は飲食番組や旅番組で飲食店を探している可能性があるので、有力な広告源の一つとして利用できるのではないでしょうか?

LINE

LINEには店舗系のビジネスに特化した「LINE@」というサービスがあります。近年、スマートフォンを所持している人のほとんどが、LINEアプリを導入していると言っても過言ではありません。LINEは最も登録者に的をしぼれて情報が発信でき、何よりもメッセージの開封率が高いことが特徴です。店舗のアカウントを友達追加してもらうことで登録は完了。定期的に情報を発信すれば、従来のメールマガジンのような役割で集客を促す効果が期待できます。QRコードを読み取るだけなので、メールアドレスの登録や空メールの送信など、従来の面倒な作業がいらないのは画期的です。ぐるなびや食べログなどのグルメ情報アプリと連携すれば、利用者の拡大が増すこと間違いなし。今では、都内大手企業のほとんどが登録プレゼントを設定して登録を促しています。その場で使えるクーポンがあると、飛び込みのお客様など獲得できる可能性も期待できますね。しかし、ビジネス向けの無料版LINEでは使える機能に制限があるため、いずれは有料版が必要になってくるでしょう。メルマガの登録料が月々約3,000円に対して、LINEは月々約5,000円。規模の小さい企業にとっては金銭的に少々厳しい面もあります。

 

 

【3.リアルマーケティング編】地域集客効果の高い施策

新聞折り込みチラシ

新規客が来店するキッカケ1位はインターネット。それに比べて新聞折り込みチラシは6位、反応率も0.1%と効果があまり見られないことが分かります。一般的な広告ではありますが、ポストに入っていると嫌がられることが多く、集客にはあまり効果的な方法とは言えません。費用対効果を見極めて再度、販促活動を行なう必要がありそうです。

クーポン

近年では紙媒体のクーポン券が少なくなり、FacebookやLINEなどのアプリやホームページに掲載されているWebクーポンが主流になってきました。紙媒体のクーポン券だと保管場所に悩みますが、Webクーポンだとスマートフォンがあればいつでも掲示できます。グルメ情報アプリでは24時間利用可能なネット予約で、クーポンの割引ができ、さらには予約ポイントもお得に貯めることが可能。決められた期間内にクーポンを掲示すれば、条件に合ったサービスを受けられるのは嬉しいですね。しかし、クーポンがあるときだけ利用して、常連にはつながらないというデメリットもあります。クーポンを利用する際の注意点として、他のサービスとの併用不可や使用期限・人数制限などの条件を確認しましょう。

 

それでもダメなら…この手があった!集客率34%アップの秘策とは?

まずは集客に成功した店舗オーナの声をお聞きください。


レストランオーナーの画像
画像引用元:アクアリンク株式会社公式HP:http://www.aqualink.tv/voice.html

レストランにアクアリウムを導入し、新規客が大幅にアップした理由を語ってもらいました。

店舗に水槽を置くこととなったきっかけは?

店の顔となる「忘れられない花」が必要でした。

競争が激化していく飲食業界では、内装やインテリアの華やかさはすでに「当たり前」の時代に来ています。雑誌掲載やインターネットメディアを利用した集客を行っても、内装はどこも綺麗にしているので、記憶に残るようなものにするのはなかなか難しい・・・。料理が美味しいことは大前提ですので、問題は「どのようにして店を選んでもらう機会を作るか」という部分にかかってきます。とはいえ、大幅な改修などはあまり現実的ではなかったので、苦悩の日々を送っていました。

様々な集客方法を検討してきましたが、やはりインパクトの大きいアクアリウム水槽を導入しようという結論に至ったんです。

 

水槽導入を決めたきっかけを教えてください

レストランの導入事例
画像引用元:アクアリンク株式会社http://www.aqualink.tv/detail05.html

アクアリウム水槽を設置してくれる会社がある事は以前より知っていたのですが、どうしてもアクアリウムを置くことで「アクアリウムがある店」という見方をされてしまう事に抵抗があったんです。

そんな考えの中で、豊富な実績を持つアクアリンクさんに店内を視察してもらって、どんな風に設置するのがベストか相談したところ「お店の真ん中に置いて、水のせせらぎを聞かせるようにしましょう」とご提案いただいました。個人的に水槽というと、入口か壁際にあるものだとばかり思っていたので、このご提案には度肝を抜かれました

そんな自分では想像もつかない発想や用途に加え、コスト面を含めても採算のとれるプランでしたので、アクアリウムさんにお願いする事に。実際の数字でも集客が34%も増加し、売上も目に見えて上がっていきました。こんなにも効果が出るものだと思っていなかったので、あの時アクアリンクさんからご提案をいただけて良かった、と痛感しています。

 

設置した事で実際に変わったことは?

アクアリンクさんからいただいたご提案の通り、円柱型の水槽を店内の真ん中に設置しました。水槽はフタがついていないデザイン性の高いものです。

設置してみて気が付いたのは、お客様が円柱型の水槽を囲むように席を組んでいる点。自然と熱帯魚が活き活きと動くアクアリウムへ目が行きます。真ん中に設置する事で、どの席に座ってもアクアリウムを眺める事ができ、お客様同士の存在が気にならないように感じました。それまでは、あまり広くない店内で隣同士のお客様が互いの存在を気にされるような状態でしたので、そういった面でも導入のメリットを感じます

また、さわやかな水の流れる音が会話の間を縫うように心地よく抜けていき、空間演出を高めてくれるんです。スタッフのホスピタリティも高まり、店全体の雰囲気がグッと良くなりました。それはリピート率が増えた事からも伺えます。「ぐるなび」や雑誌にも空間演出という面を強調して掲載していただいた事で話題を生み、新規のお客様も増えていきました

 

Q4 他の飲食店にもオススメしたいと思いますか?

通常、飲食店に生き物って基本的にはNGですよね。犬猫を入れるわけにもいかないし、良くて観葉植物くらい…。

その点、アクアリウムは「唯一飲食店に置ける生き物」なんです。これってすごい新鮮なんですよ。飲食店の中で動くものって他にはないので。
アクアリンクさんのこれまでの経験で培ってきたマーケティングの知見、豊富なデータの中で最大限の効果が得られる配置をしていただいた事で、高い費用対効果を感じる事ができました。こんなにお客様が増えて自分の料理を食べてもらえる機会も増えるのなら、もっと早くから導入しておけばよかった、と後悔しているくらいです。ただ、他の飲食店様にオススメしてしまうとライバルが増えてしまうので、マネされたくはないですね(笑)

 

水槽サイズ:特注800パイ円柱×600H(mm) 水草水槽

新規来店率:34%増

リピート率:59%増

 

水槽が作る空間演出で集客率アップ!そんな理由はコレ

レストランのアクアリウム導入事例

画像引用元:アクアリンク株式会社:http://www.aqualink.tv/detail05.html

 
  • 注目度が向上し、来客数が大幅に増える
  • レストランへのドラマチックな演出効果に加えて癒し効果も効果が期待でき、雰囲気が明るくなる
  • 口コミによる集客増大も見込める

レストランは飲食だけでなく、来店客が感動するような空間と時間を提供することが顧客満足度アップにつながります。この空間演出に大きく影響するのが内装デザインで、他店との差別化という意味で注目したいのがデザイナーズ水槽。パーテーションにもなり、照明効果まで得られる上に、インテリアとして非常に強いインパクトを与えることができます

あるレストランでは幅6m×高さ4mという巨大水槽を導入していますが、その中を遊泳するのはなんとウミガメ。グルメ情報サイトの写真で見ても一際目を引きます。こういった巨大水槽の導入は清掃や管理が難しいので敬遠してしまいがちですが、プロの手によって定期的な清掃や管理をしてもらえるため、安心して導入する事ができるのも大きな魅力です。

また、店内中央に円柱型アクアリウムを設置したイタリアンレストランでは新規来店率34%アップ、リピート率59%アップという好結果を生み出しています。「これまで集客と名のつくものはほとんどやってきたけど、効果がなかった…」とお悩みの方、一度導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

アクアリウムの設置例

お洒落な高級感のある店内を演出するデザイナーズ水槽

レストランのアクアリウム導入事例2

画像引用元:アクアリンク株式会社:http://www.aqualink.tv/detail05.html

 

Check

インパクトのあるブルーの照明で光る水槽が設置されているのは、ダイニングレストランのカウンター。お客様側ではなくあえてスタッフ側に設置したのは、水槽の裏にある厨房のしきりにするためです。水槽は2台が並列されており、1台1.2メートルあたりの水槽プラス間の柱のおかげで4メートル近くの仕切りが出来上がります。カウンターにありながらも、テーブル席からも眺めることができる水槽は仕切りの役目だけでなく、お店全体のワンポイントになっているのです。施工費は魚も含めて1台わずか12万円程度。2台でも30万円以内で極上の水槽を造ることができます。

 

入口と店内を仕切る水槽空間

レストランのアクアリウム導入事例3

画像引用元:アクアリンク株式会社:http://www.aqualink.tv/detail05.html

Check

お店の中に入るとすぐにオシャレな水槽が受付から見えます。店内の落ち着いた照明とマッチした青色の照明がお客様を受付へと誘導し、受付を済ませると今度は水槽の反対側へ回り込んで客席へ。水槽は受付までの通路と店内の両方から眺めることができる設計で、両側からの景色を楽しむことができます。入り口から店内に進むまでに見える水槽越しの店内は、これから食事をする人のワクワク感を誘う絶妙な設計と言えるでしょう。

 

「低く長く」のローアングルにこだわった水槽

レストランのアクアリウム導入事例4

画像引用元:アクアリンク株式会社:http://www.aqualink.tv/detail05.html

Check

カウンターに座った途端に見えるのは、大きな横長の水槽。海の家をイメージした店内にうまく溶け込んだ水槽はあえて高さをおさえ、席に座ったときにお客様の目の前に水槽の中身が見えるように配置されています。水槽はあえて上部を開いたままにして、一部の岩を飛び出した形に。岩の露出で海辺のサンゴ礁を表現しているようです。照明は水槽の展示によくある青色ではなく、海の爽やかさを演出する白系の照明を使用しています。

 

アクアリウム空間を使った店舗運営無料コンサルティング

レストランのアクアリウム導入事例5

画像引用元:アクアリンク株式会社:http://www.aqualink.tv/detail05.html

Check

このお店ではどの席に座っても水槽が見えるように配置されていて、座る場所によって中身の違った水槽を楽しめるのが特徴です。インパクトのある大型の水槽をドンと構えた店舗も迫力があって素晴らしいですが、中型の水槽を何台かに分けて設置した設計も面白い演出を生み出します。制作コストは大型の水槽を入れるよりも安く済むだけでなく、「水槽がメインの店舗」ではなく「水槽が背景の、お客様メインの店舗」というイメージの転向も可能です。

 

今なら無料でお試しも可能!アクアリンクの公式HPはこちら>>

矢印

ページの先頭へ