他店との差別化を図れる店舗集客の新提案

売り上げUPの店舗集客メソッド~口コミで話題の店になるには~

レストラン

レストランのイメージ画像

レストランの集客に必要な対策、今やるべき集客方法を紹介しています。

新規や固定客を掴みたい方は、ぜひ最後までお読みください。

 
 
 
 

レストランの集客でよくあるお悩み

  • 新規客が来ない
  • 固定客が増えない
  • お客さんは来るが売り上げが上がらない

レストランの集客が上手くいかない理由

レストランやカフェなどの飲食店は参入障壁が比較的低いので、次々にライバルが現れます。そのため倒産件数は年々増えていているなど、決して楽な産業ではありません。

レストランを開業するにあたり「提供する商品・価格・店舗の立地が良ければうまくいく」と思われがちですが、実際にはうまくいかないケースがほとんど。提供する商品がいいもので適正な価格であることは、固定客獲得やリピーター獲得にはとても大切な要素ですが、新規顧客がお店を選ぶのはその「前段階」です。集客のために最も大切なことは、あなたの店舗を「選ばせること」なのです。

お客様を上手く集客できない理由は、この選択をする際にお店の本当の良さをアピールできていない事がほとんどです。「ぐるなび」や「食べログ」「ホットペッパー」のクーポン・割引チケットなどの特典を使った集客方法に頼ると、お得に利用することが目的の顧客ばかりになってしまいます。「新規来店があっても、リピーターにならない」「新規客が増えても売上アップに繋がらない」など、店舗の良さを発信できていない集客は経営上もデメリットがあります。そのためには「他店との差別化」が最重要です。

自慢できるメニューや食材などへのこだわり・価格帯・品質・接客サービスや店舗の雰囲気にいたるまで、「誰に」「何を」提供したいのかを明確にして集客できれば、おのずと顧客満足度も上がっていきます。商品をより魅力的に顧客へ提供できるように接客サービスや内装デザインなどで演出することもとても重要です。カウンター席があればお一人での利用者にもアピールできますし、家族やカップルでの利用であれば仕切りのある個室や広めのテーブル席が人気です。店舗の内装デザインも、インパクトのあるものや印象に残るものがあれば他店と差別化が図れます。差別化が上手くいけば口コミも広まりやすくなり、さらなる新規客の獲得につなげることができます。新規客獲得だけでなく、しっかりと店舗のコンセプトを決めて、継続的に売上げを上げ続けることのできる集客対策を行いましょう。

 

レストランの集客の基本3つ

チラシ・DMのイメージ画像

【1.Web戦略編】Webを使った認知度向上の施策

食べログやぐるなびなど大手のグルメ情報サイトは、無料で店舗ページを作ることができます。店舗ページには店舗情報や料理の写真のほか、Web予約機能やマップ機能もあり、ユーザビリティに優れた媒体を利用することで集客時のターゲットのズレを防ぐことが可能です。検索機能やエリア別ページ・特集などからユーザーの目に入りやすくなるため、認知向上には欠かす事のできないサービスです。

レストランの場合、雑誌やテレビなどのメディアに取り上げられれば大きな集客が見込めます。雑誌掲載は地域性の高いものであれば掲載のハードルもいくらか下がるので、率先して掲載してもらうようにしましょう。その際には、他にはない特徴をピックアップしてもらえると他の掲載店舗との差別化も図れます。

メディア関係に知り合いがいない場合でも、自店のホームページやポータルサイトで積極的に情報発信を行っていけば、担当者の目に止まる可能性が出てきます。

 
チラシ・DMのイメージ画像

【2.店舗内装・メニュー編】お店独自の”売り”で差別化を図る

レストランなら自慢できるメニューのひとつやふたつは必ず欲しいところ。

食べログやホットペッパー・ぐるなびなど様々な媒体でアピールするにあたって、料理やメニューのシズル写真はとても重要な要素になります。彩りや盛り付け方、食器のチョイスなど店の個性を打ち出す要素はいろいろあるので、競合する人気店の料理写真なども参考に、メニュー作りに取り組みましょう。料理やメニューに加えて、席やインテリアなどの内装で、店のコンセプトをアピールするのも効果的。思わず足を運びたくなるような内装への工夫やこだわりが、来店の大きなきっかけになります。

 

 

【3.SNS編】リピート率を増やすためのSNS活用法

常連客を増やすには、お客様とコミュニケーションすることが大切です。

Facebookやインスタグラムに代表されるSNSは、従来の集客とは違ったコミュニティとして実店舗とインターネットが密接に結びつき、宣伝や集客を効率よくすることができます。魅力的な店舗写真やお店の雰囲気を簡単に発信できるうえ、運用するスタッフの人柄が伝わるような投稿であれば、店舗のファンを増やすツールとして役立ちます。最近では親しみやすいキャラクター性と人間味のある内容を意識した、少し砕けた内容を投稿をする企業も増えています。注目を集めつつ、リピーター層獲得のために密なコミュニケーションをとっていきましょう

来店客によるコミュニティができれば、さらに多くの方への拡散が期待できます。独自メニューや特徴的なインテリアなど、他店と違うスペシャルな要素があればユーザーの目を引きますので、写真などで分かりやすくアピールしましょう。特に口コミメディアのユーザーは、特別な体験を他者に広める傾向があります。口コミ情報を集客に結びつけるためにも、独自メニューや内装の工夫が必要となるわけです。

 

それでもダメなら…この手があった!集客率34%アップの秘策とは?

まずは集客に成功した店舗オーナの声をお聞きください。


レストランオーナーの画像
画像引用元:アクアリンク株式会社公式HP:http://www.aqualink.tv/voice.html

レストランにアクアリウムを導入し、新規客が大幅にアップした理由を語ってもらいました。

店舗に水槽を置くこととなったきっかけは?

店の顔となる「忘れられない花」が必要でした。

競争が激化していく飲食業界では、内装やインテリアの華やかさはすでに「当たり前」の時代に来ています。雑誌掲載やインターネットメディアを利用した集客を行っても、内装はどこも綺麗にしているので、記憶に残るようなものにするのはなかなか難しい・・・。料理が美味しいことは大前提ですので、問題は「どのようにして店を選んでもらう機会を作るか」という部分にかかってきます。とはいえ、大幅な改修などはあまり現実的ではなかったので、苦悩の日々を送っていました。

様々な集客方法を検討してきましたが、やはりインパクトの大きいアクアリウム水槽を導入しようという結論に至ったんです。

 

水槽導入を決めたきっかけを教えてください

レストランの導入事例
画像引用元:アクアリンク株式会社http://www.aqualink.tv/detail05.html

アクアリウム水槽を設置してくれる会社がある事は以前より知っていたのですが、どうしてもアクアリウムを置くことで「アクアリウムがある店」という見方をされてしまう事に抵抗があったんです。

そんな考えの中で、豊富な実績を持つアクアリンクさんに店内を視察してもらって、どんな風に設置するのがベストか相談したところ「お店の真ん中に置いて、水のせせらぎを聞かせるようにしましょう」とご提案いただいました。個人的に水槽というと、入口か壁際にあるものだとばかり思っていたので、このご提案には度肝を抜かれました

そんな自分では想像もつかない発想や用途に加え、コスト面を含めても採算のとれるプランでしたので、アクアリウムさんにお願いする事に。実際の数字でも集客が34%も増加し、売上も目に見えて上がっていきました。こんなにも効果が出るものだと思っていなかったので、あの時アクアリンクさんからご提案をいただけて良かった、と痛感しています。

 

設置した事で実際に変わったことは?

アクアリンクさんからいただいたご提案の通り、円柱型の水槽を店内の真ん中に設置しました。水槽はフタがついていないデザイン性の高いものです。

設置してみて気が付いたのは、お客様が円柱型の水槽を囲むように席を組んでいる点。自然と熱帯魚が活き活きと動くアクアリウムへ目が行きます。真ん中に設置する事で、どの席に座ってもアクアリウムを眺める事ができ、お客様同士の存在が気にならないように感じました。それまでは、あまり広くない店内で隣同士のお客様が互いの存在を気にされるような状態でしたので、そういった面でも導入のメリットを感じます

また、さわやかな水の流れる音が会話の間を縫うように心地よく抜けていき、空間演出を高めてくれるんです。スタッフのホスピタリティも高まり、店全体の雰囲気がグッと良くなりました。それはリピート率が増えた事からも伺えます。「ぐるなび」や雑誌にも空間演出という面を強調して掲載していただいた事で話題を生み、新規のお客様も増えていきました

 

Q4 他の飲食店にもオススメしたいと思いますか?

通常、飲食店に生き物って基本的にはNGですよね。犬猫を入れるわけにもいかないし、良くて観葉植物くらい…。

その点、アクアリウムは「唯一飲食店に置ける生き物」なんです。これってすごい新鮮なんですよ。飲食店の中で動くものって他にはないので。
アクアリンクさんのこれまでの経験で培ってきたマーケティングの知見、豊富なデータの中で最大限の効果が得られる配置をしていただいた事で、高い費用対効果を感じる事ができました。こんなにお客様が増えて自分の料理を食べてもらえる機会も増えるのなら、もっと早くから導入しておけばよかった、と後悔しているくらいです。ただ、他の飲食店様にオススメしてしまうとライバルが増えてしまうので、マネされたくはないですね(笑)

 

水槽サイズ:特注800パイ円柱×600H(mm) 水草水槽

新規来店率:34%増

リピート率:59%増

 

水槽が作る空間演出で集客率アップ!そんな理由はコレ

レストランのアクアリウム導入事例

画像引用元:アクアリンク株式会社:http://www.aqualink.tv/detail05.html

 

  • 注目度が向上し、来客数が大幅に増える
  • レストランへのドラマチックな演出効果に加えて癒し効果も効果が期待でき、雰囲気が明るくなる
  • 口コミによる集客増大も見込める

レストランは飲食だけでなく、来店客が感動するような空間と時間を提供することが顧客満足度アップにつながります。この空間演出に大きく影響するのが内装デザインで、他店との差別化という意味で注目したいのがデザイナーズ水槽。パーテーションにもなり、照明効果まで得られる上に、インテリアとして非常に強いインパクトを与えることができます

あるレストランでは幅6m×高さ4mという巨大水槽を導入していますが、その中を遊泳するのはなんとウミガメ。グルメ情報サイトの写真で見ても一際目を引きます。こういった巨大水槽の導入は清掃や管理が難しいので敬遠してしまいがちですが、プロの手によって定期的な清掃や管理をしてもらえるため、安心して導入する事ができるのも大きな魅力です。

また、店内中央に円柱型アクアリウムを設置したイタリアンレストランでは新規来店率34%アップ、リピート率59%アップという好結果を生み出しています。「これまで集客と名のつくものはほとんどやってきたけど、効果がなかった…」とお悩みの方、一度導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

今なら無料でお試しも可能!アクアリンクの公式HPはこちら>>

矢印

ページの先頭へ